家庭で行えるねずみ駆除

ねずみは一見愛らしい外見ですが、家の中で出現し何かをかじられるなど被害が出ている場合、早急に対処をする必要があります。
例えば電気コードなど知らないところでかじられていて、そこから漏電し家事を引き起こす可能性があります。

今回は業者に依頼するのではなく、ご家庭で自力で駆除をする方法をご紹介します。


まず、すでに家の中に入り込んでいるねずみへの対策ですが「駆除する」、「入ってこないようにする」ことが重要になります。

後者は予防になりますが前者と並行して行うことにより、より効果を得られます。

それではご家庭で使える駆除グッズの代表としてカゴ式の罠と毒餌のメリット、デメリットをご紹介します。


まずカゴ式ですが、ねずみをカゴに閉じ込めるタイプの罠で、メリットとして価格がお手頃でコストパフォーマンスが良く、子供やペットへの安全が確保されます。
しかし設置に多少場所が必要になることと、結果的にねずみを生け捕りにする形になるのでその後の処理をしなければならないのがデメリットです。次に毒餌ですがこちらは市販で手に入れることができ効率がとてもよくほぼ確実に駆除が可能です。しかし子供やペットが誤って食べてしまうことのないように配慮が必要になります。



また、見えないところでねずみが死んでしまった場合に死骸を探す必要があります。

ロケットニュース24情報サイトをご利用下さい。

どちらの罠を使用するにしろ設置場所が重要で、糞などの痕跡から通り道等々を考えて設置するのがポイントです。次に「入ってこないようにする」、侵入防止グッズをご紹介します。



侵入してくる穴や隙間に貼ったり詰めたりして塞ぐ、防鼠金網という金網が一般的です。
金属製のものでなければ、かじられて侵入されてしまうので金網を使う必要があります。


また侵入口を特定する等、コツが必要になります。
いかがでしたか。

自力で行うにはとても勇気が必要ですが、どうしても自力でやるしかない時等ご参考いただければ幸いです。

top